ドメイン
遠い空より日本を思ひて・・・ 2014年01月

プロフィール

こまちん!

Author:こまちん!
日本生まれ、今はドイツ在住のこまちん!です。

ドイツ在住十数年を過ぎた今、心境の変化といいましょうか、なんだか日本が懐かしいという思いと大丈夫かなぁという思いと入り乱れています。

今までは生活記が主だったのですが、そういう事はもう他の人に任せて、自分の思っている事や感じている事、そしてたまには家族の事や生活の事も載せていきたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

FC2カウンター




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


猪瀬元東京都知事の辞任に伴い、2月9日に行われる東京都知事選。


猪瀬元東京都知事が辞任しなくては行けなくなった原因は、
猪瀬知事が徳州会から選挙資金を受け取ったと言うことから始まる。

朝日新聞参考記事より

詳しくは上の参考記事を見ていただきたいが、

要約すると、
とある団体の幹部の紹介で徳田虎雄前理事長と面会し、そこで資金提供の話が出る。
選挙戦でいくらお金がかかるか判らないので猪瀬氏は、5千万円を借り受けた。
その後、公職選挙法違反容疑で徳州会へ強制捜査が入り発覚。
すぐさま、借り入れていた5千万円を返却する。

ここの焦点は、選挙資金を提供されたのは、東電病院の売却をするにあたって、猪瀬氏が徳州会に便宜を図る、もしくは図るような事を言ったのではないか?と言う疑惑である。

まぁ、結局、他の業者が(昨日だったかな?)東電病院を買い取ったようだ。


ざっとこういう感じである。


そして今回行われる東京都知事選の立候補者を見てみると・・・

猪瀬さんに負けず劣らずの「金銭問題を抱えている、もしくは抱えていた方々の顔」がチラホラ見受けられる。


何か変・・・金銭疑惑で辞任した後任に金銭疑惑があるってどうよ?

そして「昔の話しだし、もう返したから問題ない」って言うのにも疑問視が付く。

返したので問題がないのであれば、猪瀬さんも返してますが??

何処がどう違うわけ??


そしてもっと問題だと思うのは、
政党助成金を使って個人の借金を返済したと言われている人

こういう噂を立てられている候補者は、それをしっかり説明する義務があると思いますが、
当の候補者は全くこの問題に触れていませんし、
それを取り上げたり、質問をしたりするマスコミやテレビ局は全くありません
(赤旗新聞が取り上げていますが・・・)

何ででしょう?

有権者もこういう事はしっかり知りたい所だと思いますが、

やっぱり無視されるのでしょうかね??
スポンサーサイト
 2014_01_24


米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の同県名護市辺野古への移設が争点の名護市長選は19日、投開票が行われ、現職の稲嶺進氏(68)=共産、生活、社民、沖縄社大推薦=が無所属で元県議の新人、末松文信氏(65)=自民推薦=を破り、再選を果たした。
サンケイより http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140119/plc14011920370015-n1.htm

敗因の原因は、やはり公明党だと思います。

自公与党と言われているにもかかわらず、自民党が推薦する末松氏の公認を蹴り、自主投票にした結果、7割もの票が稲嶺候補に流れたといわれています。

まず、公明党は党独自の公認候補は立てていませんでした。
・・・ということは、必然的に自民党が推薦している末松候補を公認し、応援するものです。

なんといっても自公与党なのですから。


それを蹴って自主投票にしたのであれば、2月9日に行われる、東京都知事選で公明党が公認している都知事候補者の舛添要一氏を公認せずに、自主投票にすればいいと思います。多くの自民党員は舛添氏の公認に反対のですから。


もっと言えば、重要な選挙に自民公認候補者を党として公認できないのでれば、与党を解消してもいいのではないでそう
か?

そして、自民党と公明党の間で、すべての政策が一致ているわけではありません。

例えば、安倍政権でどうしてもやり遂げたい法案があったとしても、与党公明党によって邪魔をされる可能性もあります、邪魔をしなくても、法案に賛成する代わりに、自分たちに都合のいい法案を通せと難癖を付けられることだって考えられます。


安倍政権は、自公与党についてそろそろ真剣に考えなくてはいけない瀬戸際に来ているように思えます。


 2014_01_20


私のサイトの右上に「今日のことわざ」っていうのがあるのだけれど、
今日のことわざは「命あっての物種」


命あっての物種
(いのちあってのものだね)

何事も命があってこそできることで、死んでしまっては何にもならないということ。



昨日のニュースにも2013年度(平成25年度)の自殺者が3万人を下回ったと出ていましたが、
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00261369.html


確かに、自殺と断定できない場合を含めると、数はもっと増えるのだと思いますが、
しかし、自分で自分の命を絶つという事をして欲しくないのです。


なぜなら、生きたくても生きられなかった人もいるからです。



病気で亡くなる、人に殺される、事故で亡くなる、色々な形で生きたくても生きれなかった人の分だけ、
命ある者は生きなければいけない、生きて欲しいのです。


神から与えられた命を与えられた分、悔いの無いようにしっかりと生きましょう、生きていきましょう。


しかし、色々な事が原因で自分の命を自ら絶った人には、
「大変だったね、今はゆっくり天国でお過ごしください」と心からご冥福を祈り、
「来世では頑張って生きようね」と声をかけてあげたいと思います。


「今日のことわざ」でした。

 2014_01_17


日本では、猪瀬東京都知事が献金問題で辞職をしたので、
急遽、2月9日に東京都知事選が行われる事となったよようだ。

私は、東京都の住民ではないので選挙権はありませんが、
選挙権があればぜひ選挙に行きたいと思うほどです。


私はドイツ在住ですが、日本国籍を持っているので日本人です。

そして国籍があると言う事は、日本の国政選挙にも投票できる権利があります。

しかし、ドイツに住んでいてもドイツの国籍が無いのでドイツの選挙には投票する事はできません。

私自身これは仕方が無いと思っています。
何故かと言うと、ドイツも日本も二重国籍を認めていないからです。

しかし、ここで一つ皆さんに知っておいて欲しい事があります。

それは・・・2000年まで海外在住者には日本の選挙権が無かったのです。

私たち外国にいる日本人には、(住んでいる国にもよりますが)住んでいる国の選挙権も無く、
尚且つ、日本国の選挙権も無かったわけです。
はっきり言って最初知った時は、びっくりしました。


総務省の在外選挙制度について…のサイトです。
http://www.soumu.go.jp/senkyo/hoho.html


話は変わりますが・・・
私には子供が二人います。
二人ともまだ20歳以下なので今は二重国籍を保持していますが、
20歳から22歳の間にどちらかの国籍を選ばないといけません。

そして、もし子供が日本国籍を選んだ場合(その逆もあると思いますが…)、
母国語がドイツ語でドイツの学校で学んでいても、選挙権はありません。

しかし、これに文句を付ける事は私はいたしません。

何故かと言うと、これが国籍制度だと言う事です。

そして、それを知った上で子供が選んだ国籍だからです。

私自身もそうですが、日本国籍を保持する以上、
ドイツでの選挙権はありません。

ドイツの選挙権が欲しいと思えば、ドイツ国籍に帰化するだけです。

選挙権が欲しいか、もしくは自国の国籍を保持したいかは、本人が決める事です。

それ以上の何者でもありません。
 2014_01_16


2014年・・・新年が明けてもう14日が経った。

あっという間に1年が過ぎたって感じがする。

毎年の事ながら、ブログにたいして色々と思うことがあり、なかなか更新していなかったんですが、

心境の変化と言いましょうか、吹っ切れたと言いましょうか、

このページは私のページだ と言う事を再確認し、

自分が書きたいこと、そして今自分が思うことなどを書いていこうと思う。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 2014_01_14



01  « 2014_01 »  03

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

名言

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索



pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。